NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型) 通常版 完成品フィギュア[スクウェア・エニックス]
アクションRPG「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」より、2B(ヨルハ二号B型)を全高約28cmという大きめのサイズでフィギュア化!



NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型) 通常版 完成品フィギュア[スクウェア・エニックス]


 
 
 
 
 

アクションRPG「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」より、


 
 
 
 
 
2B(ヨルハ二号B型)を全高約28cmという大きめのサイズでフィギュア化。

 
 
 
 
 
吉沢光正(REFLECT)氏が原型製作及び彩色見本製作を手掛け、細やかなデザインディティールや質感が再現された存在感溢れる逸品です。


ニーア オートマタ

『ニーア オートマタ』(NieR:Automata)は、スクウェア・エニックスより発売されたPlayStation 4用アクションRPG。日本では2017年2月23日に発売。2017年3月7日には米国で、10日には欧州及びオーストラリアでも発売された。また、同年3月17日からはWindows向けにSteamでの配信も始まっている。

概要
2010年に発売された『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の後継作品となるアクションRPG。2015年6月16日にE3 2015のプレスカンファレンスにて『NieR New Project』(ニーア ニュープロジェクト)として発表、正式なタイトルは日本時間の2015年10月30日にPGW 2015のスクウェア・エニックスブースにて公開された。
タイトルに使われている「オートマタ」とは「自動人形」の意。当初は「Androids」(アンドロイズ)を予定していたが「Android」が商標の関係で利用できず、代わりとして複数の候補を挙げた上で選ばれたのが「Automata」(オートマタ)であった。また「NieR2」としなかった理由については「前作に触れていなくても問題なく遊べる内容になっているので」とディレクターのヨコオが述べている。
前作にあった一部ステージでのカメラワークの固定、サウンドノベル、イクラ弾幕と形容される敵の攻撃などの特徴は今作にも受け継がれており、ジャンルこそアクションRPGとされているがそのゲーム性は多岐にわたる。本作からの新要素の一つとしてはオートモードが挙げられ、これはキャラクターを敵に近づけると自動で攻撃や回避をしてくれるというものである。ディレクターのヨコオはこのシステムについて、「『ベヨネッタ』にあったベリーイージー・オートマチックモードをさらに発展させたもの」だと東京ゲームショウ 2016で開かれたイベントの中で述べている。
物語は異星人の侵略によって人類が月へと追われた未来の地球を舞台に、地球の奪還を目指す人類側が製造したアンドロイド兵士「2B」らと、異星人が製造した兵器「機械生命体」との戦いを描く。 本編に先駆けて2016年12月22日よりPlayStation Storeにて無料配信された体験版によると、劇中で行われた「第243次降下作戦」の決行日時は「11945年3月10日」とされており、『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』から数千年後の世界が描かれていることが判る。

公式サイト掲載のキャッチコピーは「これは呪いか。それとも罰か。」、TVCMのキャッチコピーは「命もないのに、殺しあう。」
販売初週の国内売上は約20万本を記録。また出荷本数およびダウンロード販売の世界合計は2017年4月4日の時点で100万本に達し、同年5月30日には150万本を突破。同年9月21日になって、200万本を達成したことが公式ツイッターアカウントから発表された。

ストーリー

『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の時代から遥か未来の地球が舞台となり、人類側が製造したアンドロイド兵士と異星人が製造した兵器「機械生命体」による代理戦争然とした戦いと、その中で主人公たちが世界の真実と自分たちが生まれてきた意味を知っていく様子が描かれる。
今作も前作と同様にマルチエンディング方式が採用されており、周回を重ねることで見られる物語が変化する。 エンディングはA〜Zまでの全26種類が存在し、A〜Eが周回ごとの正規エンディング[注釈 4]、そしてF〜Zが特定の行動を行うと発生するバッドエンディングとなっている。
ここではシナリオの構成上、1周目と2周目をそれぞれAルート、Bルート。3周目以降をC/Dルートと呼んで扱う。


Embed Video



2Bの全歴史 ニーア:オートマタ

ヨルハ二号B型
声 – 石川由依 / キラ・バックランド(英: Kira Buckland)
通称「2B(トゥービー)」。戦闘タイプのヨルハ機体。剣戟による近接攻撃を得意としているが、ポッドによる遠距離攻撃も扱える。
冷静沈着な性格の持ち主であり、またヨルハ部隊の規律もあってかあまり感情を表に出そうとはしない。そのため一見冷たいようにも見えるが、仲間に対しては配慮や思いやりを持って接している。なお複数の敵を前にしても「倒せばいい」と言うだけなど、9Sに言わせれば少々大雑把なところもある。
9Sのことは彼自身にそう示さないだけでとても大切に思っており、どんな時でも彼の身を案じていた。また9Sに関わることではその感情を露わにする傾向にあり、9Sに危害を加えたアダムに対して激昂する場面もあった。

 
 
 


 
 
 
 
 



















NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型) 通常版 完成品フィギュア[スクウェア・エニックス]

 
 
 


 
 
 
関連商品


BRING ARTS NieR RepliCant/Gestalt カイネ アクションフィギュア[スクウェア・エニックス]

BRING ARTS NieR:Automata 2B & 機械生命体(2体セット) アクションフィギュア[スクウェア・エニックス]

NieR:Automata キャラクターフィギュア ヨルハ A型二号 YoRHa Type A No.2[スクウェア・エニックス]

BRING ARTS NieR:Automata ヨルハ A型 二号 アクションフィギュア[スクウェア・エニックス]

NieR:Automata キャラクターフィギュア ヨルハ 九号S型 YoRHa No.9 Type S[スクウェア・エニックス]

BRING ARTS NieR:Automata ヨルハ 九号 S型 アクションフィギュア[スクウェア・エニックス]

NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型) 通常版 完成品フィギュア[スクウェア・エニックス]

NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型) DX版 完成品フィギュア[スクウェア・エニックス]

 
 
 


 
 
 

NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型) 通常版 完成品フィギュア[スクウェア・エニックス]

製品仕様
通常版
【サイズ】全高約280mm
【セット内容一覧】フィギュア本体(2B) / 白の契約(刀) / 専用台座

解説
2B原型・彩色:吉沢光正(REFLECT)
白の契約 3D原型:東誉之
アクションRPG「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」より、2B(ヨルハ二号B型)を全高約28cmという大きめのサイズでフィギュア化。
吉沢光正(REFLECT)氏が原型製作及び彩色見本製作を手掛け、細やかなデザインディティールや質感が再現された存在感溢れる逸品です。

 
 
 


 
 
 

1 Trackback / Pingback

  1. NieR:Automata 2B(ヨルハ二号B型) 通常版 完成品フィギュア[スクウェア・エニックス]アクションRPG「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」より、2B(ヨルハ二号B型)を全高約28cmという大きめのサイズ

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください