KEIKO’S Beauty Line collection No.C626 トパーズ(黄玉) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]
どこか幼さが残る優しい表情はそのままに、胸から下腹部、腰、太ももにかけてのボリューム感。「しなやかに踊る髪と風」をテーマにした「うねりと流れ」の造形必見です。

 
 
 

keikos-beauty-line-collection-no-c626-%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ba

KEIKO’S Beauty Line collection No.C626 トパーズ(黄玉) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]


 
 
 
関連商品

関連商品


KEIKO’s Beauty Line collection No.C614 エメラルド 1/8 塗装済み完成スタチュー [クルシマ製作所]

KEIKO’s Beauty Line collection No.C615 アクアマリン 1/8 塗装済み完成スタチュー [クルシマ製作所]

KEIKO’s Beauty Line collection No.C616 ルビー 1/8 塗装済み完成スタチュー [クルシマ製作所]

KEIKO’s Beauty Line collection No.C616 オパール 1/8 塗装済み完成スタチュー [クルシマ製作所]

KEIKO’s Beauty Line collection No.C621 クリスタル 1/7 塗装済み完成スタチュー[クルシマ製作所]

KEIKO’s Beauty Line collection No.C620 サファイア 1/7 塗装済み完成スタチュー[クルシマ製作所]

KEIKO’S Beauty Line collection No.C624 琥珀(アンバー) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]

KEIKO’S Beauty Line collection No.C625 翡翠(ジェダイト) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]
keikos-beauty-line-collection-no-c626-%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ba
KEIKO’S Beauty Line collection No.C626 トパーズ(黄玉) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]

KEIKO’S Beauty Line collection No.C627 蛍石(フローライト) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]

 
 
 


 
 
 
 
 



























































KEIKO’S Beauty Line collection No.C626 トパーズ(黄玉) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]

 
 
 


 
 
 

KEIKO’S Beauty Line collection No.C626 トパーズ(黄玉) 1/7 完成品フィギュア[クルシマ製作所]

製品仕様
塗装済み完成スタチュー
【スケール】1/7
【サイズ】全高約23cm(ベース高除く)
【セット内容一覧】
フィギュア本体
8角形透明アクリルベース
日本製アルマイト印刷銘板
布2枚

解説
原型製作:慶子

シリーズ第9作目となります【トパーズ(黄玉)】は、第7作【琥珀】より引き継いでいる作風として、ボディと脚の比率を一般キャラクターフィギュアとは微妙に変化させ、更なる女性の艶やかさを表現しています。
どこか幼さが残る優しい表情はそのままに、胸から下腹部、腰、太ももにかけてのボリューム感に加え、「しなやかに踊る髪と風」をテーマにした「うねりと流れ」の造形は清涼感を漂わせながらもダイナミックな動きを表現しています。
まさにBeauty Line の言葉通り美しいアートフィギュアに仕上がりました。

フィギュア本体の構成パーツは「頭部」「胴体両脚部」「右腕」「左腕」となっており、強力マグネットで簡単に脱着できます。
成形材料にはご好評のビーナスレジンを使用しています(髪の毛には若干柔らかめの材料を使用しています)。
付属品として、高級クリスタル感のある厚手の「8角形透明アクリルベース」と、「日本製アルマイト印刷銘板」「布2枚」が付属します。

※【KEIKO’s Beauty Line collection】はフィギュア作家慶子の手により製作されているシリーズで、女性の美しさをコスチュームに惑わされない全裸のポーズで追求したオリジナル作品です。
全裸といっても卑猥なイメージではなく、ポージング、表情、髪の流れに重点をおき表現された美しいアートフィギュアです。

 
 
 


 
 
 

Be the first to comment

コメントを残す