ヒロインメモリーズ 赤い光弾ジリオン アップル 完成品フィギュア[メガハウス]
1987年に放映された人気アニメ「赤い光弾ジリオン」より、アップルがヒロインメモリーズに登場です。



ヒロインメモリーズ 赤い光弾ジリオン アップル 完成品フィギュア[メガハウス]



        ____
      /      \
     /  ─    ─\   これは…オレよりも年上の方々をターゲットにした商品だ…
   /    (○)  (○) \
    |       (__人__)    |   ___________
   \      ` ⌒´  ,/   .| |             |
   ノ           \   .| |             |
. /´                   | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_

正直まったく覚えてねぇ…


 
 
 
 
 

1987年に放映された人気アニメ「赤い光弾ジリオン」より、


 
 
 
 
 
アップルがヒロインメモリーズに登場です。




     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
   |      (● ) |      ____
   |   U   (__人).   /      \
   |         ⌒ノ.  /   ノ   \ \    80年台アニメか…
   ヽ         }  /     (●)  (●)\   そう言えばこんなのやってたな-くらいしか覚えがねぇ…
_   >        }   | u       (__人__)   |
   ̄ ̄`    、__ノ   \       ` ⌒´  /
         ̄`’‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ

赤い光弾ジリオン

『赤い光弾ジリオン』(あかいこうだんジリオン, Red Photon Zillion)は、1987年4月12日から同年12月13日にわたり日本テレビ系列で全31話が放送されたタツノコプロ製作のSFアニメである。第17話以降は、『赤い光弾ジリオン 激闘編』(あかいこうだんジリオン げきどうへん)にタイトルが変更された。
『ジリオン』のネーミングは、「計り知れない数、膨大な無限に近い数字」という意味を持つ英語の“ZILLION”から転じて、「未知なるもの」という意味に由来する。

作品解説
1980年代のアメリカでは安全にサバイバルゲームができる光線銃に注目が集まり、『フォトン』など光線銃のサバイバルゲーム施設が流行していた。このような流れからセガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)が発売していた玩具『超高速光線銃ジリオン』の販促番組である。

セガの光線銃は『ジリオン』放映開始前から販売されていたが、パッケージ・商品名を番組の開始に合わせ変更している。銃や胸に付ける受信センサーのデザインの他、連射が効かない・バッテリー寿命が短いなどのストロボ式光線銃の弱点は、そのままアニメ作品中の演出にも生かされている。番組放映期間中にあったジリオン光線銃の大幅なモデルチェンジの際には、アニメでもこれに対応し、銃を作り直してニュージリオンとするエピソードが登場した。
セガにとっては、初のメディアミックス企画作品である。作中ではセガ(後のセガ・インタラクティブ)のゲーム『ファンタジーゾーン』のキャラクターであるオパオパが登場する他、第30話では「SEGA」とロゴが入った『SDI』がモチーフと思しきゲーム機をJJがプレイするシーンもある。
アニメファンの支持も得て、『アニメージュ』主催のアニメグランプリのグランプリ部門では『聖闘士星矢』に次ぐ2位、サブタイトル部門で2位、男性キャラクター部門では主人公のJJが1位、ヒロインのアップルが3位と上位に食い込んでいる。アニメ雑誌5誌による日本アニメ大賞ではファンからの投票で選ばれるファン大賞で、作品賞、男性キャラクター賞、女性キャラクター賞を独占した。この人気で、後述のCD、カセットテープ収録のボイスドラマ、OVAが発売された。
なお、後にセガ(後のセガゲームス)から発売されたネットワークゲーム『ファンタシースターオンライン』および『ファンタシースターユニバース』では、形状や射撃音がニュージリオンそっくりの「ルビーバレット」という武器がレアアイテムとして登場している。

特徴
本作は、光線銃という小道具が主役メカであるため、白兵戦を売りとするSFアクションアニメとして企画された。さらに青春グラフィティとしての味付けがなされた。
質の高い作画とデザイン、敵味方共に魅力的なキャラクターとその魅力を引き出す演出と脚本、それを支える透明感あふれる音楽、単純な勧善懲悪に終わらせないスピーディーなストーリー展開など、完成度の高さが評価されて1987年当時のアニメ賞を数多く受賞し、OVA化もされた。
本作が激闘編で放送時間が移動されたのは、当時TBS系MBS制作10時前半枠で放送されていた『仮面ライダーBLACK』とぶつかるのを避けるためと言われている。
当初の企画案の中には、少年少女たちが夜の町に集合し、ジリオンバッジを付けるとあのスタイルに変身するという、ガッチャマンへのオマージュを思わせるようなものもあったという。この設定は、当時の放映されたCMに、その名残と思しき演出がされている。

演出
物語の主題は、圧倒的な戦闘能力で惑星を侵略してくる異星人に対して、特殊部隊の若者たちが死闘を繰り広げるという、シリアスな内容である。「ホワイト・ナッツ」のJJとチャンプのコンビ漫才を始めとして随所に盛り込まれる「お笑い」の要素が緩和剤になっている。

製作体制など
今作の制作にはタツノコプロの本社スタッフは関わっておらず、当時制作デスクの一人だった石川光久がフリー・プロデューサーとして設立したタツノコ制作分室が担当している。当時赤字続きで優秀なスタッフがどんどん辞めていくタツノコプロの状況に嫌気が差していた石川は、会社が無難に作ろうとしていた『ジリオン』を凄いものにして会社を見返そうと一念発起したという。
その為には自分が全責任を負う形にしなければならないと考えた石川は、まず親を説得し東京・八王子で農家を営む実家の土地家屋を抵当に入れ制作資金を捻出。そして自らいいと思ったり、仕事仲間から推薦された会社やスタッフを口説き落として回った。これらの下準備をわずか1週間で終わらせ、制作を任せてくれるように経営陣と営業に直談判。当初会社は28歳の石川にできる訳がないと拒んでいたが、紆余曲折の末、石川に『ジリオン』の制作が一任される。
なお1話毎の制作費は580万円と、当時の平均的な1話分の制作予算1000万を大幅に下回っていた。全31話という当時の作品としては比較的短いスパンといえど、この低予算でクオリティを保ち続けたのは石川の手腕とスタッフの熱意によるところが大きい。

その後タツノコ制作分室は、キャラクターデザインを担当した後藤隆幸の作画スタジオ「鐘夢(チャイム)」と合併し、有限会社アイジータツノコ(後のProduction I.G)として独立。OVA版『歌姫夜曲』はアイジータツノコ作品として制作された。そのため、本作はタツノコプロ作品であるが、Production I.Gの事実上のデビュー作であるともみなされている。
なお、石川光久自身は、タツノコ制作分室の制作ではなく、本当は京都アニメーションの制作だと明かしている。かねてからタツノコプロ作品に動画や仕上げで参加していた京都アニメーションの姿勢を評価していた石川は、ジリオンの制作をある程度、京都アニメーションに任せたのだという。
後にProduction I.G作品『攻殻機動隊』などを通じて世界に知られることになる沖浦啓之や黄瀬和哉などの現在では一線級として名高いアニメーターが本作には多数参加しており、彼らの初期の作風を知ることができる。沖浦と黄瀬は、当時『蒼き流星SPTレイズナー』の作画を担当していたアニメアールの主力原画マンで、『レイズナー』の終了に伴って本作にスライドし、アニメアール班・スタジオムー班の外注スタッフとして作画監督を担当した。特に沖浦の参加は石川のたっての願いで、オープニングアニメを担当したなかむらたかしからの「任せられるのは沖浦君しかいない」とのメッセージを携えて直々に口説いたという。
また、数話のみだが、押井守もタツノコプロ時代の同僚の西久保の依頼により、「丸輪零」という変名で本作に参加している。押井守の劇場アニメ作品の制作をProduction I.Gが手掛けるようになったのは、本作が縁となっている。

Wikipediaより


     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
    |      ( ●) |       ____
   |   U   (__人).   /       \
   |        ⌒ノ.  /   ─   ─\
   ヽ        }  /     (●)  (●)\
_   >        }   |        (__人__)  |  後々のアニメ史を築いていくアニメーターさんたちが
   ̄ ̄`    、__ノ   \      ` ⌒´  /   情熱を持って作ったアニメ作品だったのだなぁ
         ̄`’‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ

すごく絵が綺麗だと思っていました。
 
 
 
 
 
当時大人気だったヒロインのアップルを劇中のアクションシーンを彷彿とさせるポージングで立体化。




     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
    |      ( ●) |       ____
   |   U   (__人).   /       \
   |        ⌒ノ.  /   ─   ─\
   ヽ        }  /     (=)  (=)\
_   >        }   |        (__人__)  |  さりげなぅおぱーいを強調していらっしゃるところが
   ̄ ̄`    、__ノ   \      ` ⌒´  /   大人気ヒロインの秘訣ですな
         ̄`’‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ

80年代当時は「たくましい女=ヒロイン」の図式がしっかりしていたよ。
 
 
 
 
 
12話より登場したサブマシンガン型ジリオンを携えた姿で、特徴的な丸顔・一本一本を感じさせる頭髪・プロテクター部分などを細部まで緻密に再現しました。




     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
    |      ( ●) |       ____
   |   U   (__人).   /       \
   |        ⌒ノ.  /   ─   ─\
   ヽ        }  /     (●)  (●)\
_   >        }   |        (__人__)  |  なんか…こう…いろいろと80年台を思わせますなぁ
   ̄ ̄`    、__ノ   \      ` ⌒´  /  
         ̄`’‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ

髪型とか服装とか、どう見ても役に立たない謎のショルダーパッドとか。
 
 
 
 
 
今回の商品化にあたり、劇中マスコットキャラクターのオパオパも付属という豪華仕様でアップルの決定版に仕上げます。




     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
    |      ( ●) |       ____
   |   U   (__人).   /       \
   |        ⌒ノ.  /   \   /\
   ヽ        }  /     (●)  (●)\   オパオパ!…すごくセガっぽい!!!
_   >        }   |        (__人__)  |
   ̄ ̄`    、__ノ   \      ` ⌒´  /
         ̄`’‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ

これ絶対おっさんが対象だ!
 
 
 


 
 
 
 
 

「優しき大和撫子が君の胸に迫る!」


 
 
 



















































ヒロインメモリーズ 赤い光弾ジリオン アップル 完成品フィギュア[メガハウス]

 
 
 


 
 
 

ヒロインメモリーズ 赤い光弾ジリオン アップル 完成品フィギュア[メガハウス]
製品仕様
彩色済み完成品フィギュア
【サイズ】約220mm
【セット内容一覧】フィギュア本体 オパオパ

解説
原型:猫丸(山猫亭~nekohouse~)
彩色:たぅもけい

1987年に放映された人気アニメ「赤い光弾ジリオン」より、アップルがヒロインメモリーズに登場です。
当時大人気だったヒロインのアップルを劇中のアクションシーンを彷彿とさせるポージングで立体化。
12話より登場したサブマシンガン型ジリオンを携えた姿で、特徴的な丸顔・一本一本を感じさせる頭髪・プロテクター部分などを細部まで緻密に再現しました。
今回の商品化にあたり、劇中マスコットキャラクターのオパオパも付属という豪華仕様でアップルの決定版に仕上げます。
 

 
 
 


 
 
 

2 Comments

  1. 当時アニメはほとんど見てなかったけど何故かジリオンは見てましたよ。凄く面白くて毎週楽しみにしてましたよ。何かライバルの宇宙人が剣で戦う人で、全てを分解する銃相手に凄く不利な無理ゲーで可愛そうな気がしてたおもひでが有りますよ。

    • >当時アニメはほとんど見てなかったけど何故かジリオンは見てましたよ。
      見ていたような…見ていなかったような…見せてもらえなかったような…おもちゃが存在していて友達は持っていたけど全然流行らなかったおぼろげな記憶があります尻臼です。

      >凄く面白くて毎週楽しみにしてましたよ。
      (玩具の)CMがかっこよかった記憶があるので、多分見ていたんjないのか?と、思うのですが、ストーリーは全く思い出せないっす。
      主人公のお兄さんが黒髪の吉田栄作カットの走りみたいなおかっぱでバンダナなのかカチューシャなのかわからない何かをかぶっていてすごくもてなそうな感じなのに相方がやたらイケメンの金髪で常時ジェラしぃ想いを視聴者にぶつけるんだけどおねいさんは主人公が好き。で、おねいさんは微妙にセクシーで3週に1回くらいのペースでシャワーだったり寝起きだったりのお色気シーンをはさんで来る的な…すごい曖昧な80年台の残像が見え隠れしています。脳が痛い。

      >何かライバルの宇宙人が剣で戦う人で、全てを分解する銃相手に凄く不利な無理ゲーで可愛そうな気がしてたおもひでが有りますよ。
      そんな話だったんですね…味方=強い!ってところが、なんかすごくセガっぽい!当時のセガっぽさ満載でその設定すごく良いと思います!
              ____
            / ─  ─\
           / (○) (○)\    当時のアニメは基本絶対殺すマンでしたよね
         /    (__人__)    \
          |     ` ⌒´     |
         \             /
         ノ            \
      . /´                 ヽ
       |    l             \
       ヽ    -一””””~~``’ー–、   -一”””’ー-、.
        ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

      でもやっぱり見てなかったみたいオレ。1987年ですと昭和62年ですし1987年ですね。小学生でありましたが高学年に当たるので興味が薄れていた時期だったのかも…
      あーやっぱり思い出せねぇです。脳が痛い。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*